木の飾り

なるべくなら、引越し当日は晴天が望まれま

引越しの事前準備のポイント!春秋に多い引越しをスムーズに行うために必要な段取り・手続きとは?

木の飾り
引越し事前準備どうすればいいの?春秋に多い引越しに必要な段取り >> なるべくなら、引越し当日は晴天が望まれま
木の飾り

なるべくなら、引越し当日は晴天が望ま

なるべくなら、引越し当日は晴天が望まれます。もしも、雨が降ってしまったら、かなり大変だと思うのです。そのままだと、全て濡れてしまいます。

テーブルも椅子も、冷蔵庫も何もかもです。


晴れていれば、そのまま運んでもよいのに、雨が降ると、シートをかけないといけません。
それは、まあまあな手間になるでしょうし、家具・家電が濡れてしまうのもイヤです。
いよいよ来月引っ越しするのですがピアノを転居のときに持っていくのか持っていかないで処分してしまうかを考えています。

ピアノを使わない予定なのでただの飾りにしかなりません。
ただ、手放すのもそれなりの費用がかかると思いますし、どうしたら良いのかわかりません。誰かもらってくれる方がいれば譲りたいのですが、条件が会う方はいないものです。


引っ越しの荷物が全て積み込まれるのに、時間がどれくらいかかるかは毎回同じ、という理由にはいきません。何階の部屋か、荷物はどれくらいか、実際に作業できる人数は何人か、などの条件でぜんぜん変わってしまいます。

そこをかなり無理矢理、計算してみますと、一番規模の小さい、単身の引っ越しなら約30分、荷物の量が極めて多めの世帯の場合には約2時間くらい、一般的な家庭の引っ越しなら、大体この範囲内で積み込みは終わるでしょう。

業者へ引越しの依頼を行なうと、見積もりを出してくれると思います。
ほぼ問題はないのですが、一応確認をしておくことをオススメいたします。その見積もりになかった内容は、追加料金をとられてしまう場合もありえることです。
小さなことでも疑問を持った場合には、なるべく契約前に、質問するように心がけて下さい。
姉は居住しているアパートから実家である我が家に住まいを移すことになりました。移り住むため、私と母が、引越の前日に引越のための作業の手伝いに行きました。10年も住んでいた部屋だからこそ、いらない物の数が大変な事になっていました。



使わないものを売ってしまうと、軽トラの荷台にまだ倍は積めるほどになり、さほど苦労せず引越ができました。

転居と共に絶対必要になる手続きの筆頭といえば、運転免許証の住所変更を申請することでしょう。運転免許証は幅広く使える写真付き身分証明書なので、住民票を移動したら、早めに手続きしましょう。

転入した先の警察署で、交通課に運転免許証と新しい本人分の住民票(写しで良い。住所変更してあれば、健康保険証、公共料金領収書などでも良い)を提出して、届に記入すれば手続きは完了です。



先日、引越しを行いました。
業者に依頼しましたが、それにも関わらずやはり大変でした。大変だったことはというと、諸々の手続きです。



市町村を移動すれば、印鑑証明のために印鑑登録も必要とされました。ほとんど必要ではないのですが、とりあえず登録しておきました。引っ越しをすることそのものは実は嫌いではないのですが、国民健康保険など諸々の住所変更など、わざわざ市役所まで行って色々な決まった手続きを行なう必要があるというのが、面倒だし時間もかかるなあと感じてしまいます。こういう諸々の手続きも、ネットから簡単に家で済ませられるようになれば手間的にも時間的にも良いのになあと思っています。

これまで何度も引っ越しをしてきていますが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。



「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。
ちょっと大手の引っ越し業者に運んでもらった荷物のうち、陶器が何個か、欠けてしまっていました。


それが実は自作の皿で、大切にしてきたものでしたら、とてもショックを受けてしまいました。ただ、オキニイリのものではありましたが、高価なものではなかったので、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。

前日に引越しのキャンセルをすることになり、引越し業者へ電話したところ、キャンセル料として、引越し代金の10%がかかってしまいますと、その業者からいわれました。前にちがう引越し業者でキャンセルの時は、引越し前日であっても引越し代金を丸々支払わなくてはいけなかったので、今度は支払いが安く済んで、ほっとすることができました。


引越しの時というのはいろいろと手続きが必要ですが、シゴトをしている場合に特に大変なのが市役所へ足を運んで行なう手続きです。住民票の転入と転出があるので、少なくとも二回は行かなくてはなりません。平日しか市役所は開いていないので、引越し当日以外にもさらに休みをわざわざ貰わなければいけないという羽目になってしまいます。引越しの前日にしなければいけないこととして抜かせないのは、冷蔵庫の排水です。
水抜きの方法を知らない人は少なくとも冷蔵庫のコンセントを抜くと良いでしょう。

簡単なことですが、中のものは出して下さい。さもないと、その日になって冷蔵庫が運べないことになるかも知れません。引っ越し業者に頼む場合でも、自分自身である程度梱包を行っておけば、料金を比較的安く抑えることが出来ます。
沿うなると持ちろん、引っ越しに掛かってくる必要な時間も短くなり、ほかの行動に移れるようになります。



テレビのCMや雑誌の広告などで全てお任せでラクラク引っ越し、といっているような業者でも実のところはほかにも色々なパターンのプランが用意されていますので、自分でプラン内容をしっかり調べてみることをオススメします。



引っ越しの業者の一つとして、日本通運(日通)は「引っ越しは、日通」のキャッチコピーと共に、誰でも知っている事業になりました。従来は、引っ越し専門業者を捜してみると会社名は引越社、引越まんなかに決まっていたのがどこの地域でもみられました。あちこちの運送会社は、近頃、一般家庭の引っ越しに目をつけ、事業に参入しているのです。
とりわけ、日通のように運送会社としても有名な会社なら、引っ越しも安心して任せられます。

転居で最も必要なものは運搬する箱です。



細かいものもきちんと整理して段ボールに収納しておけば、引越しの作業時間も減少し、引越し業者も助かります。
段ボールは引越し業者が無料でくれることもまあまあ、ありますので、見積もりを依頼する際に確かめておくとよいでしょう。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 引越し事前準備どうすればいいの?春秋に多い引越しに必要な段取り All rights reserved.
木の飾り