木の飾り

一番大変な引越しの準備の作業は家

引越しの事前準備のポイント!春秋に多い引越しをスムーズに行うために必要な段取り・手続きとは?

木の飾り 木の飾り

一番大変な引越しの準備の作業は家中

一番大変な引越しの準備の作業は家中の物をダンボールに入れて行く作業だと感じます。常日頃、中々何も感じないですが、荷物を詰めていくとこんなに家の中に物があるものかとビックリします。でも、引越し準備と併せて片付けをすることが出来る絶好の機会です。

姉が現在のアパートから実家である我が家にまた住むことになりました。移り住むため、私と母が、荷物を移動指せる前日に移動のまとめの手伝いに行きました。10年も住んでた部屋にみあうだけ、不用品の数が大変な事になっていました。不用品を買ってもらってしまうと、軽トラの荷台約半分の荷物に減り、思ったよりも楽に引越できました。

同じ町内など、引っ越し先が近い場合は引っ越し業者を利用しなくても、なんとすごくます。


方法を説明しますと、とにかくまず、自家用車を使って運べるだけの荷物を日数をかけて運んでいくようにします。
少しずつでも時間をかけますので自家用車であっても、たくさんの荷物を運べるはずです。

自家用車で難しい大型のものは、最後に一日、トラックを借りるようにします。これですべての荷物の運搬を済ませてしまいます。
こうすると、引っ越し費用はすごくコスト(費用ともいいます)カットできるでしょう。

家の中にあるものを引っ越しの時に見直すため、当然、不要品が出てきます。処分をどうするか考えなくてはなりません。
そこで、ちょっと確認してほしいのは引っ越し業者の不要品引き取りサービスなのです。電化製品などは、業者によっては有料処分が原則になっているものを資源のリサイクルなどの名目で無料で引き取ることもあります。

すぐに業者に問い合わせてみましょう。有名な引越し業者は、いろいろとございます。



とくに運送会社として日本通運などはとくにメジャーだと思います。日本通運は、通称日通とも呼ばれていますよね。日通の業務は引越しだけでなく、古美術品も輸送でも有名で、業界シェアでダントツです。そう言われるとなぜか引越しの荷物も丁寧に扱ってくれそうな気がしますね。できるだけ引っ越しの出費を抑えたいとい方の味方になってくれるのが赤帽です。中でもコンパクトな引っ越しにおいては実力を発揮します。

料金設定は時間制のものが多いので、ご自身でも運搬をすることで作業にかかる時間を抑えることが出来ますから、率先してドライバーを手伝いましょう。
赤帽が使う運搬車は軽自動車ですが、思ったより多くの荷物を積み込めるので、一般的な引っ越しの荷物の数の場合は問題ないと思います。
慣習としての「引越しソバ」とは新居に引越しをした時にご近所への初めましての挨拶として持っていくものです。
一度、わたしももらったことが確かにあります。



ソバのように細く長く、長く続くご縁を今後ともどうぞよろしくおねがいします。



というような気持ちが込められたものだそうです。どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。初めての引っ越しの場合は、さらに辛いと思います。引っ越しにかかる負担をいかに軽減するかですが、まずは、時間と気持ちに余裕を持った計画を立て、そして、あまり考え過ぎずに大まかに計画を実行します。もちろん計画に則ってテキパキ作業をすすめられるのの場合はそれが一番良いのですが、手つづきや書類記入の作業に追われて、家の中のことをうっかり忘れされてしまうことが良くあるのです。ある程度おおまかに計画を実行しておけたならば、計画通りに進まないことがあっても、簡単に軌道修正して準備をつづけることが出来るでしょう。



今の住まいをどうやって決めたかというと、近くの不動産屋さんを利用して、見つけることができました。その不動産屋さんの人がとても丁寧に対応してくれたので安心し、いくつかおススメとされた物件の中から、決めてみました。違う不動産屋さんも訪ねて、相談もしてみるつもりはあったのですが、他所のおみせのサイトに掲載されている物件も、こちらの店で紹介できると、店の人に教えてもらっ立ため、色々と歩き回らずに済んで助かった、と思っています。
引越しの際に注意しておくべき点はいくつかございますが、特に重要なのはゴミ収拾日を頭に入れておくことではございませんでしょうか。
引っ越し前に掃除をおこなうときは、ごみ収拾日に合わせてゴミをまとめましょう。資源ゴミや紙類については収拾日が月にたったの二度ほどの地域もあるので、出し忘れると後々大変になります。新居に住み始めてから、ガス使用の手つづきと説明をやらなければいけません。

しかし、ガスはお風呂を初め料理には必須なので、可能な限り、当日に済ませないと、新居でお風呂に入る事が不可能になってしまいます。

冬は家のお風呂に入れないときついので、早急に申し込んでおいた方が適切かと思います。



引越しをしたらきに、心に留めておかなければならない事が、イロイロな手つづきです。市町村役場へ提出する手つづきだけでなく、電話、ネット、ガス、水道、電気等の住所変更も不可欠です。
特にガスは立ち合いが必要なので、早期に手つづきをしてください。
その他に、通帳や運転免許証等の住所を変更する手つづきもできる限り早く済ませておいた方がいいです。引越の際の掃除ははんぱじゃない作業です。

家財道具を丸ごと運び出してから、綺麗に掃除するのは当たり前ですが、前もって、少しずつ始めていくのがその後が楽です。


ポイントは荷物をまとめるより先に、掃除を先に始めることです。その結果、最後の仕上げにさっと軽くきれいにするだけになります。

引っ越しを契機としておそらくNHK(日本放送協会の略称で、放送法に基づいて日本の公共放送を担っています)は見なくなるだろうと思われ、NHK(日本放送協会の略称で、放送法に基づいて日本の公共放送を担っています)に解約を申し込んでも、NHK(日本放送協会の略称で、放送法に基づいて日本の公共放送を担っています)の受信機がないことを証明指せられるなど、思いの外大変なことになります。
加えて、受信料を自動引き落とし契約にしていると、解約手つづきが完了するまでの間もNHK(日本放送協会の略称で、放送法に基づいて日本の公共放送を担っています)受信の有無にか変らず引き落としが行なわれます。段取りを決めたら、一日でも早く手つづきに取りかかってください。
快適で安全な住環境を構成しているのは家や部屋の中だけで完結するものではないでしょう。

良好なご近所関係も住環境の一部です。住環境をよりよくするため、引っ越してきたら挨拶をその日中に終わらせましょう。
無難なおみやげを用意して訪ねることが大切です。
簡単な挨拶と、ご近所に伝えなければならないことが言えれば良いので、良い印象が伝わるようにしましょう。

第一印象を良くすることが肝心です。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 引越し事前準備どうすればいいの?春秋に多い引越しに必要な段取り All rights reserved.
木の飾り